文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

いきいき快適生活

介護・シニア

[認知症と向き合う](23)なぜ暴力を振るうのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 訪問診療で訪れた70歳代の認知症の男性宅に、男性が利用しているデイサービスの担当者から私あての手紙が残されていました。

 手紙にはこうありました。「他の利用者様に暴力を振るわれました。薬などで調整できませんか。このままでは当施設で受け入れができません」、と。

 男性は家にいればそういう様子はないのですが、施設では怒鳴り散らし、時には暴力も振るうそうです。

 認知症の人が暴力を振るう場合、「周辺症状」が出たと言われます。アルツハイマー型認知症では、暴言、徘徊(はいかい)、妄想などが相当するようです。医学的には、脳の変化が直接的な原因で起こる症状以外のものとされます。脳の変化に加えて、性格や生活史、健康状態、人間関係など様々な要因が絡み合って起こるわけです。

 そうだとすれば、「周辺症状」は、その人へのケアの「結果」として起きるものなのだと言えます。

 認知症の人の困った行動を、「これは暴言だ」と解釈すれば、「治そう」と思うのは自然な気持ちでしょう。しかし、「暴言」という言葉を使わずに、「なぜそんなことを言うのだろうか」と考えていけば、別の姿が見えてきます。

 もちろん、生命の危険が迫るような状況もあり、単純には言えません。ただ、短絡的に薬で「症状」を押さえ込む前に、やるべきことはあると思うのです。

 ナチスの強制収容所から生還したビクトール・フランクルは、「夜と霧」という本で、「異常な状況では異常な反応を示すのが正常だ」と述べています。認知症の人の置かれた環境が、その人にとって異常なら、異常な反応をするのは自然なことです。なにより、その人の気持ちを探る方向に心を向けた方が人間らしくありませんか。(木之下徹、「こだまクリニック」院長)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

いきいき快適生活の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事