文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

関西発おしえてドクター

yomiDr.記事アーカイブ

冷え症 栄養不足やストレスも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 寒い日が続き、手足の冷えに悩まされている方、特に女性に多いのではないでしょうか。「冷え」は体質ととらえられがちですが、東洋医学では冷え症は病気の一つです。

 手足の冷えに始まり、関節の痛みや肩こり、不眠、頭痛などの症状を伴うことがあります。血液検査などで原因が他の病気にないとわかった時は、漢方の出番です。

 冷え症の原因は様々です。「陽虚(ようきょ)」は体の熱が足りない状態で、ショウガを加工した乾姜(かんきょう)やトリカブトを原料にした附子(ぶし)で熱を補います。女性では体に必要な栄養が不足している「血虚(けっきょ)」も多く、セリ科の植物である当帰(とうき)、シナモンとよく似た桂皮(けいひ)を処方します。ストレスが原因の場合、自律神経を整える生薬を使います。

 冷え症は本格的な病気になる一歩手前なので、早めの治療が必要です。粉状の漢方薬も多く市販されていますが、冷えの原因によって必要な成分が違うので、まずは受診されることをお勧めします。

 生薬の処方は、当院では、保険がきく生薬を煮出し用にティーバッグのようにして、1日分ずつ処方しています。

 冷えを感じたら、まずは養生です。食事ではニンジンや大根など体を温める効果のある根菜類をたくさんとり、冷たい飲み物を控えます。外出時は暖かい服装をするなど、日々の生活から改善を心がけましょう。(聞き手・新井清美)

 兵庫県立尼崎病院東洋医学科(兵庫県尼崎市)医師 武原弘典さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

関西発おしえてドクターの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事