文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

死因究明モデル事業(5)改善計画求め病院と交渉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
  改善計画の説明会。記者ら遺族は、義父の遺影を掲げて副院長(手前)らの話を聞いた  明らかな医療過誤はもちろん、そうでなくても、身内を失った遺族が病院に望むのは、教訓を導き、医療を良くしてもらうことだ。  モデル事業の報告書には死因の分析とともに改善の要望も書かれるが、表現は遠回しで、病院がきちんと受け止める保証はない。  そこで記者を含む遺族は「改善計画」を作るよう求め、病院と交渉を重ねた。 …

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事