文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

支える

yomiDr.記事アーカイブ

1型糖尿病に研究基金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

組織と活動

 IDDMはインスリン依存型糖尿病の略語。インスリンを分泌する膵臓(すいぞう)の一部を免疫が誤って壊してしまい、インスリンの補充が必要になる1型糖尿病がほとんどを占める。食生活などが原因の2型糖尿病と違い、小児期でこの病気になる例が多い。

 各地の患者会が連携する形で1995年に発足。現在は27団体が参加。個人会員は約300人。会員らからの寄付で2005年に研究基金を創設、大学病院などに助成金を交付している。1型糖尿病は成人患者の医療費助成がなく、井上龍夫理事長は「生きるためにインスリンを生涯、補充していかなければならない。国に支援をお願いしている」と話す。

連絡先

 ホームページhttp://japan-iddm.net 電子メールinfo@japan-iddm.net 事務局0952・20・2062(電話とファクス兼用)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

支えるの一覧を見る

最新記事