文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

いきいき快適生活

介護・シニア

[認知症と向き合う](22)自覚ある人の視点生かす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 介護保険が始まった2000年ごろの話です。診療の依頼があったお宅を訪問すると、部屋の畳がはがされ、高齢の男性がブルーシートに横たわっていて驚きました。失禁で家を汚されることに家族が手を焼いたためのようでした。別のお宅では、家具がない座敷(ろう)のような部屋に、高齢の女性が独りで座っていました。

 いずれも私たちが訪問してはじめて、当時の言葉で「痴呆(ちほう)症」と診断されました。そして、途方に暮れた家族は納得し、定期的な訪問診療が始まりました。それから十数年。「老人がなる得体の知れない困った症状」は、「認知症」と呼ばれ、この言葉を知らない人がいないほどになりました。まさに隔世の感です。

 認知症の研究は、これまで、少数の専門家によって取り組まれてきました。しかし、地域で認知症医療が本格化したと言えるのは、介護保険で認知症ケアが普及し、認知症の薬が登場したこの十数年だと思うのです。意外なほど最近です。

 さらに、今では認知症の早期発見だけでなく、脳画像の検査や記憶力、注意力のテストなどで、その人が将来、認知症になる可能性が高いかどうかもわかるようになりました。医学の進展で、「認知症であることを本人がわからない人」に加えて、「自分でも認知症だとわかって生活している人」が増えることになるわけです。

 認知症とともに生きる人が増えれば、認知症のことが語られる機会は増えるでしょう。それによって、社会全体でものの見方の大きな転換が起きると思います。

 今後の10年を考えた場合、認知症医療は質的にも大きく変わるでしょう。その変化の中には、「認知症とともに生きる本人の視点」も組み込まざるを得ないと思います。(木之下徹、「こだまクリニック」院長)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

いきいき快適生活の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事