文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

こころ元気塾

ニュース・解説

書家・金沢泰子さんインタビュー全文(1)娘がダウン症…一緒に死のうと思った

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 今月始まったNHKの大河ドラマ「平清盛」の顔となる題字を書いているのは、ダウン症の金沢翔子さん(26)だ。その母親である書家の金沢泰子さん(68)は、ダウン症児への理解を広めようと、全国で講演を行っている。これまでの歩みと今の思いを聞いた。(加納昭彦)

金沢泰子(かなざわ・やすこ)
 1943年、千葉県生まれ。小学1年で書道を始め、書家の柳田泰雲に師事。現在、東京・大田区の自宅で「久が原書道教室」を営む。著書に「魂の書」(翔子さんとの共著、清流出版)など。

 ――一人娘の翔子さんがダウン症とわかったのはいつですか。

 「出産から45日後のことです。翔子は敗血症だったこともあり、帝王切開でした。出産後、すぐに産院から救急病院に運ばれました。翔子はそのままずっと、カプセルに入れられていたのです。3度の流産をへてのことでした」

 ――娘がダウンと知った時、どのように感じましたか。

 「とても苦しかったです。涙、涙で受け止めたのを覚えています。背筋が凍りました。ずるずるとベッドに倒れそうなくらいショックでした。当時はダウン症について誤解が多く、翔子を診た医師にさえ、『知能がなくて歩けない』と言われました。私は障害者が生まれるなんて夢にも思っていませんでした」

 ――なぜ45日間、わからなかったのですか。

 「主人や看護師さんたちが隠していたからです。産後、すぐに伝えるとショックを受けると思いやってくれたのです。主人は翔子がダウン症だということは、出産の前に医師から聞いて知っていました。娘に会いたいと伝えても会わせてくれないので、この子に何かあるのかなとうすうす感じていました」

 ――ご主人はどのように受け止めたのですか

 「主人は、翔子がダウン症と医師に告知された時、案外平気だったようです。一つ、エピソードがあります。出産後、主人は医師に呼ばれ、『敗血症で、交換輸血が必要です。ただ、ダウン症のため、知的障害もある。交換輸血してまで助けなくてもよいのでは』とアドバイスを受けました。クリスチャンの主人はそうした提案を受け入れられませんでした。窓に近寄り、『ぼくは、神の挑戦を受けるよ』と言ったそうです。確かにショックは受けたのだけど、助けようという側に回ったのです。その話を聞いた当時、私は『なぜ助けたのか』と思ったものでした。私は一緒に死のうと思っていたくらいですから」(続く)

ダウン症
 遺伝情報を伝える22対の常染色体の中で最も小さい21番染色体が1本多いことで起きる。発達障害のほか、先天性の心臓病を合併することもある。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

こころ元気塾の一覧を見る

最新記事