文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

(3)手術で精巣から精子採取

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
  顕微鏡を見ながら、精子がいる可能性のある組織を採取する手術を行う岡田さん(手前)(独協医大越谷病院で)  精液検査で精子が全く見つからない場合、無精子症と診断される。  さいたま市の会社員男性Bさん(38)は2009年秋、婦人科クリニックで受けた精液検査で、無精子症と告知された。自分で情報を集め、独協医大越谷病院(埼玉県越谷市)泌尿器科教授で、男性不妊が専門の岡田弘さんを受診した。  無精子症…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事