文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

いきいき快適生活

介護・シニア

窓かえて2重に暖か エコガラス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

断熱性3倍/年5万円節約

 冬を暖かく過ごすには窓ガラスに注目すべきだろう。冬は室内の暖気を逃がさず、夏には日差しの熱が入りにくい「エコガラス」を紹介する。今、交換すれば、住宅エコポイントも活用できるので、早速、検討してみてはどうか。(経済部 伊藤剛)

夏は涼しく

エコガラスには結露を防ぐ効果もあるという(東京・台東区で)

 エコガラスとは、図1のように2重などの複層ガラスの内側に、光は通すが、熱は遮断する特殊な金属膜を貼った窓用の板ガラスだ。板硝子協会によると、一般的には普通の1枚ガラスよりも断熱性能は約3倍、遮熱性能は約2倍ある。

 このため、冬は室内の暖気を窓から逃さず(断熱)、夏は太陽の熱が窓から入りにくい(遮熱)。冷暖房の使用を抑えても快適に過ごせ、「エコ」な生活が送れるわけだ。

 もちろん、エコガラスは1枚ガラスや普通の複層ガラスより値段は高い。複層ガラスよりも1・6~1・7倍程度は高くなるという。ただ、長い目で見れば、家計にも優しいようだ。板硝子協会の試算では、都内で一戸建てのすべての部屋の窓ガラスを1枚ガラスからエコガラスに交換した場合の冷暖房費の削減額は、年間5万1572円という。国の住宅エコポイントなどの制度を使える今が交換のチャンスかもしれない。

交換の際の注意

 それではエコガラスに替える際の注意点と、どんな製品があるかを紹介する。

 まず、自宅のガラスをチェックしてみよう。今、使っているガラスの厚さが12ミリ程度の一般的な複層ガラスなら、エコガラスでも厚さがほとんど変わらず、同じサッシが使える場合が多い。問題は1枚ガラスの場合だ。厚さ3~5ミリが主流の1枚ガラスと同じサッシにはそのまま入らない。

 ただ、この場合もサッシごと交換したり、内窓を作らなくても済む方法がある。アタッチメント(接続部材)を使えば、1枚ガラスの入っていた溝にエコガラスをはめ込める。

 最近は図2のようにアタッチメントとガラスを一体化させた旭硝子の「ペヤプラス」のようなリフォーム専用商品もある。事前に窓のフレームの寸法を測っておけば、それに合わせてアタッチメントの幅を設定するので、一つの窓につき、ガラスを搬入してから工事終了までの時間は30分~1時間程度という。

 窓の構造によっては、エコガラスの厚みで網戸の開閉などに支障が出る場合も考えられるため、厚さは標準(引き違い窓)の16ミリ以外に、10ミリ、12ミリといった薄型タイプもある。

 アタッチメントを使わなくても1枚ガラスのサッシに入るエコガラスもある。日本板硝子の「スペーシアST2」で厚さは標準で6・2ミリしかない。複層なのに薄くできた秘密は、ガラスとガラスの間が真空層になっていることだ。間に空気があると、断熱などの効果を持たせるには、ある程度の幅が必要だが、真空なら狭い幅でOKという。スペーシアを使えば、見た目も以前の窓と変わらず、スッキリして見えそうだ。

防犯・防災向け

 このほか、表のように、割れにくくて防犯・防災向けのエコガラスや、さらには光触媒の仕組みを使ってクリーニング機能があるものもある。治安にポイントを置くのなら、1階は防犯ガラスにしてみるのもいいだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

いきいき快適生活の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事