文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

喀血… 出血した血管 コイルで塞ぐ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 東京都江戸川区の主婦A子さん(65)は約20年前から、せきとともに血を吐く喀血(かっけつ)を繰り返してきた。2011年10月、出血している血管を金属製のコイルで塞ぐ治療を受けると、出血は止まった。(利根川昌紀)  画像の拡大  気管支や肺に感染が起こると、細菌を攻撃する白血球が集まって組織が腫れ、炎症が起きる。細い血管からの出血が気管支を逆流し、口から吐くのが喀血だ。  繰り返す感染などで、気管…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事