文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

赤ちゃんケア【有料会員限定】

yomiDr.記事アーカイブ

薬使わず済む場合も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 発熱やセキ、鼻水で受診されるお子さんの多くは、ウイルス感染症で自然に治る病気です。薬を使わずに家での看病で乗り切ることもできます。

 熱が出た時は、水分をしっかり取り、嫌がらないようなら体を冷やします。わきの下、首、足の付け根など、大きな血管の通る所を直接冷やすのが効果的です。

 寒気を感じているような時は温かくし、熱が上がりきって逆に暑がる時は、掛け物は薄めにします。熱が続いて重い病気が疑われることもまれにありますので、病状を記録しておくことも大切です。

 通院で出すお薬は、解熱剤や吐き気止め、タンを切る薬など症状を和らげる薬と、細菌を殺す抗生物質など病気そのものに効く薬があります。例えば、溶連菌という細菌の感染がわかっていれば、抗生物質は治療に必要な薬です。

 解熱剤は病気に対して効果があるものではないけれど、元気になって食べ物をとり、回復力をつける点で意味があります。ただ、個人に合った量や小児用があるので、医師が処方したものを使ってください。

 「かぜで受診したら、お医者さんに『お薬いる?』って聞かれたのよ。いかがですかと聞きたいのは私なのに」といぶかる友人がいました。「それは、『どちらでもいいよ、飲まなくても問題ないよ』ということだよ」と説明したら、納得してくれました。

 必要最小限の薬にしたいなら、医師にその旨を伝えましょう。必要な薬なら、そう説明のうえで処方されます。逆に薬が欲しいといっても、必要ないと説明される場合もあります。(ひだまりクリニック院長、佐山圭子)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

赤ちゃんケア【有料会員限定】の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事