文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

モデル MAIKOさん 42

一病息災

[モデル MAIKOさん]乳がん(1)思わぬ「悪性」の宣告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 高校卒業後からモデルを始め、NYコレクションなど国際的なショーもこなすトップモデルとして活躍。ファッション誌やテレビCM、広告などに幅広く出演してきた。

 幼稚園のころのあだ名は「きりん」。幼いころから背が高く、いとこたちに「将来はモデルになれるよ」と言われていた。18歳の時、オーディションを受けて合格。「天職」と感じたモデルでキャリアを積む一方、私生活では24歳で電撃結婚、翌年には男の子を出産した。その後、34歳で離婚、長男と2人暮らしになったものの、元夫やその両親とも良い関係を続け、充実した日々を過ごしていた。

 「あれ?これ、何だろう」。2008年秋、入浴中にふと触った左の乳房に、何か硬いものを見つけた。「まさか、乳がん?」。実母は50歳代で乳がんを発病、当時、闘病中だった。乳がんには遺伝要因もある。自分も40歳になったら、健診に行こうと考えていた。

 しこりを見つけた数日後、生理不順などで通っていた婦人科に行き、総合病院の乳腺科を紹介してもらった。触診と超音波検査をした医師から「95%は大丈夫でしょう」と言われ、胸をなで下ろした。

 しかし1週間後、病理検査の結果を聞きに行って、同じ医師から信じられない言葉を聞くことになる。「悪性ですね。早期ですが、全摘をおすすめします」

→医療大全「乳がん」
https://yomidr.yomiuri.co.jp/iryo-taizen/archive-taizen/OYTED551/

→病院の実力「乳がん」
https://yomidr.yomiuri.co.jp/byoin-no-jitsuryoku/archive-jitsuryoku/?has-enquete=has-enquete&disease=OYTED551

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

モデル MAIKOさん 42

最新記事