文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

赤ちゃんケア【有料会員限定】

yomiDr.記事アーカイブ

下痢の大半 ウイルス性胃腸炎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 下痢の大半は、ウイルス性の胃腸炎によるものです。潜伏期間は1~4日と短く、冬場に多いロタウイルスやノロウイルスは嘔吐と下痢がほぼ同時に起きます。

 ロタウイルスの下痢は、白やクリーム色で酸っぱい臭いがします。

 脱水症状にならないように母乳やミルクをあげ、下痢や嘔吐が治まるのを待つしかありません。飲めない時は、経口補水液などをさじでこまめにあげます。

 ウイルス性の胃腸炎は心配ないことが多いのですが、おしっこが少なく濃い時、おなかをすごく痛がる時、吐き気が止まらない時は医療機関を受診してください。

 血便が出たり、高熱が続いたりする時は細菌性の胃腸炎かもしれません。重くなることも多いのですぐ受診してください。いつもと同じ様子で、便に点状や線状に少し血が混じる程度で一時的なものなら、生後半年くらいまでの母乳育ちの赤ちゃんにはよくあることで、心配いりません。

 看病する時は、しっかり手洗いをします。汚物が付着したら、捨ててもよいぼろ布でよく拭き、拭き終わったらビニール袋に入れて口を縛ります。口を開けっ放しだとウイルスが空気中を漂い、家族への感染につながります。塩素系の消毒剤を薄めたものをスプレーして床を拭くとさらに良いでしょう。アルコール消毒は効きません。

 下痢の後はお尻をシャワーで流したり、軟こうをつけたり、皮膚の保護にも気をつけてください。ゴシゴシ拭くとすぐに真っ赤になってしまいます。(ひだまりクリニック院長、佐山圭子)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

赤ちゃんケア【有料会員限定】の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事