文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

前立腺がん検診… 「死亡率減少」 割れる見解

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 前立腺がん検診の有効性について、死亡率を下げる効果があり行うべきだとする見解と、死亡率低下は明らかでなく不要な検査などの不利益も大きいとする異なる見解が、米国や日本の学会などから出され、議論になっている。(藤田勝) 欧米で異なる研究結果    前立腺は男性特有の臓器で、精液の一部を作る。前立腺がんは50歳代以上に多い。  検診は、血液検査で、前立腺で作られるたんぱく質のPSAを調べる。PSAは、…

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事