文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

俳優 大沢樹生さん 42

 メディアなどでお馴染みの芸能人、有名人だって、一人の人間として病気や心身の不調と向き合っています。苦しかった経験や、病によって気付かされたことなど、率直な思いをお聞きします。

一病息災

[俳優 大沢樹生さん]腹壁破裂(4)人を励ます役者へ 夢応援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 「これからは、お母さんと呼びます。ずっと3人で楽しくやっていこうね」

 2008年11月、東京・青山のパーティー会場。照れながら零次(れいじ)君が新しい母親にそんなメッセージを送ると、会場は温かな空気に包まれた。

 前妻とは05年に離婚。シングルファーザーとして過ごした後、15歳年下の今の妻と出会った。この日は披露パーティーだった。

 「零次は、なついてくれるのか」。そんな心配は杞憂(きゆう)だった。「今では何でも、私よりも先に妻に相談する。とても仲がいいですよ」

 腹壁破裂を2度の手術で克服し、感音性難聴と闘っている零次君は今、中学3年生。来年に高校受験を控えている。

 「俳優やりたいんだ」

 今年の夏休み。零次君がボソッとつぶやいた。
「甘くない世界だぞ。台本は漢字がいっぱいで、勉強しないとダメだよ」

 「光GENJI」としてスポットライトを浴びた後、仕事に恵まれず苦しい時もあった。それだけに口調もきつくなる。でも、うれしくもあった。親として、高校は卒業してほしいと思っている。

 「役者になるならば、障害があるからこそできる役もあるはず。人を励まし、勇気づけられる。そんな人間になってほしい」(文・加納昭彦、写真・三輪洋子)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

俳優 大沢樹生さん 42

最新記事