文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

[がん共生時代]生活の質(4)ゲームで楽しむリハビリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
  本人の動きと連動する画面のアニメーションを見ながら、フラフープを回すように体を動かす植田幸和さん(右から2人目)。右は主治医の小松恒彦さん  がんやその治療で体の機能が衰えるのを防ぎ、早く良くなるように、がん患者にリハビリを行う病院が増えている。ゲームを使い楽しみながら続けられる工夫に取り組む施設もある。  フラフープを回す男性のアニメーションを見ながら、パジャマ姿の男性が笑顔で腰をぐるぐると…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事