文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

高齢者の性・ブログ

yomiDr.記事アーカイブ

中高年の性の充実、若いころからの積み重ね次第

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

読者の感想を紹介

 前回に引き続き、読者の方の感想からの抜粋です。20歳代、30歳代のご応募が何件もあって、嬉しくなりました。中高年の性が充実するかどうかは、若いころからの積み重ねにかかっているということは、宋美玄先生も書かれていますし、このブログでも何度も書いているところですからね。

もっと会話が必要か

 宋美玄先生の「女医が教える本当に気持ちのいいセックス」を購入して読んでセックスをしたところ、妻に「あまり無理しなくていいよ」と言われ、何をどうしたらいいのかわからなくなりました。ただ、スキンシップをとるだけでいいのはわかっているのですが、他の女性や風俗などを考えてしまっている状況で、このインタビューを見て、もっと会話をしないといけないと思いました。思っていることを素直に話してみます。(東京都、35歳男性)

 なるほど~。実は私もあの本を読んだ時、マニュアルとして、そのまま機械的に実践する男性がいたら、それもそれで女性は困るのではないかと危惧しておりました。もちろん、改善しようとする努力は素晴らしいと思いますが、個人差というものがありますから。宋先生も今回のインタビューで、「相手の体の声を聞くことが大事」とおっしゃっています(インタビューの(3)終盤、(4)を読んでください)。「あまり無理しなくていいよ」は、努力してくれるのを労いつつも、何かメッセージが含まれていそうですね。ぜひ、ご自分も素直な気持ちを伝えて、話し合ってみてください。

7年付き合った彼と別れた

 宋先生のインタビュー、読んでいて反省することやうなずくことがたくさんありました。先日、学生のころから7年の付き合いで、1年同棲した彼と別れました。(中略)彼がしたい時にしたい様にされているだけと感じることも多く、早く終わってほしいと思ったり、痛くて止めてもらったりしたこともあります。7年の間、家族よりも長く同じ時間を過ごした人なので、セックスも含めてちゃんと話していたら、別れずにいい関係でいられたのかなとも思います。

 今は気持ちや身なりや振る舞いや生き方など、自分に自信を持って過ごせるようアクションを始めています。一人エッチも楽しもうと模索しているところです。自分に自信を持って、楽しんで、また大切なパートナーを得られるといいなと思っています。(東京都、25歳女性)

 なんだか、この女性ならいい彼氏を見つけるだろうな、とさわやかな気分になりました。つらいセックスを我慢してしまう、相手になかなか本音を伝えることができない、というのは、自分も相手も大事にできていないということなのかもしれませんね。色々学ばされました。ありがとうございました。

相手との信頼感・安心感、男性でも大事

 インタビュー、興味深く読みました。女性は相手との信頼感、安心感が快感に直結する、という話は深く考えさせられます。というのは、珍しいかもしれませんが、男性ながら自分もそうだからです。

 男性が皆、自分勝手に挿入する、射精することを目的にセックスしているわけではないです。少なくとも自分は、少しでも相手に信頼感、安心感が欠けたり、心配事があったりすると、うまく機能しません。それでも求められれば応じますし、立たなくても相手を悦ばせることができれば、射精しなくても深い満足感が得られます。

 ある意味女性的なのかもしれませんが、それだけに常日頃、過度に男性的なキャラクターを言外に要求されていると感じることも多く、プレッシャーに感じてしまいます。

 そのせいなのか、今まではいわゆる「肉食系」というか、性に積極的な女性と付き合うことが多く、セックスをしてから自分とは浮気だ、と言われたり、浮気をされたり、付き合ってから既婚者であることがわかったり、女性に対して信頼感を持ちにくくなってしまいました。

 違ったタイプの女性に興味を持っても、どうやって適切なアプローチをしたら良いのか、よくわかりません。仲良くなっても、相手に異性として魅力を感じていることを伝えることや、適度なスキンシップを試みるのに困難を感じています。(埼玉県、34歳男性)

 こういう男性もいるのですね。つい、ステレオタイプな男性像でものを言いがちですが、色んな方がいるのだと勉強になります。ありがとうございます。

 内容を拝読すると、おそらく肉食系の女性に迫られるぐらいですから、女性を引きつける魅力がにじみ出ていらっしゃるのでしょうね。まずは言葉で思いを伝えることから始められたらと思うのですが、読者の方でいいアドバイスがありましたら、ぜひ投稿してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

koureisyanosei_87.jpg

岩永直子

読売新聞 医療部記者

39歳、夫と二人暮らし

趣味は居酒屋巡りとダイエット

高齢者の性・ブログの一覧を見る

3件 のコメント

当分別れることはない

ムサシ

ぼくはまだ卒業して間もないですが、彼女とは8年続いています。7年付き合って1年同棲して別れた人気の毒です。ボクと彼女とのsexは、二人が求めると...

ぼくはまだ卒業して間もないですが、彼女とは8年続いています。
7年付き合って1年同棲して別れた人気の毒です。
ボクと彼女とのsexは、二人が求めるときだけします。だから「早く終わらせて、痛いから止めて」はないです。彼女はまだ出さないで、もっと強く擦ってよ」と言ったり、時にはお尻に振動する器具を入れながらしますと、もう耐えられないような声で悶えて離しません。
同棲しないからいいのでしょうか。ぼくの親父とお袋も彼女が居ることを知っています。2DKマンションだから、両親が別の部屋に居るときでもsexします。親も「女の子の体は微妙だから大事にしてやりなさい」と彼女の体のことを気遣います。
両親は、ぼくたちが結婚しないだろうと思っています。
両親も若いときセフレが居て、結婚前にsexを堪能したと聞きます。
彼女の両親も、ぼくたちがセフレであることを知っています。だから子どもをつくるな、体を大事にして楽しみなさいと理解あることを言ってくれます。
sexは相手の気持ちを大切にすることから始まります。若いときは二人の性慾を上手に発散させてながら人間関係の機微を学んでいくことではないでしょうか。
このままの状態が続いて、二人の気持ちが上手くあったときには結婚があるかも知れません。そうなれば離婚はしないと思います。

つづきを読む

違反報告

宋美玄先生をテレビで見ましたよ!

熟女大好きオヤジ

夜勤から帰宅後の0時過ぎ頃テレビを見ていたら性に関する相談で宋美玄先生が録画で出演していました。 笑顔の良い可愛い女性でしたね。質問内容は、「く...

夜勤から帰宅後の0時過ぎ頃テレビを見ていたら性に関する相談で
宋美玄先生が録画で出演していました。 笑顔の良い可愛い女性でしたね。
質問内容は、「くすぐったい所は性感帯か?」と「女性の濡れる液は何?」でした。
まず性感帯は、くすぐったい所とは限らないそうです。 その人にもよりますが、
一般的には、男女共性器周辺と女性は胸だそうです。
女性の濡れる液は、血液の水分が浸透してくるものだそうです。
ついでに彼女の本も宣伝してました。
しかし先生は、分りやすく親切に何でも応えてくれますね。
私も何かあった時には相談に行きたいです。

つづきを読む

違反報告

過去の事への解釈を少し変えては

コミュニケーション

相手からの影響をどう記憶に残すかですよね。なんとなく、そんな悩みがと読ませて戴きます。浮気だと言われたり、浮気をされたり、お付き合いしてから既婚...

相手からの影響をどう記憶に残すかですよね。
なんとなく、そんな悩みがと読ませて戴きます。

浮気だと言われたり、浮気をされたり、お付き合いしてから既婚者と判ったり。
これは、経験した過去ですから、その方とはもう終わっているとします。
でも、そんな相手ばかりじゃなかったと思います。
文面からは、多かったとありますから。
印象が強かったのでしょうね。

人はそれぞれに性格や嗜好がありますから、その配慮も大切だと思います。
自分を主体に考えると、自分の範疇に溺れているのがわからない時もあります。
違うタイプの女性といっても、実は同じタイプだったなんて。
双方で会話を楽しむ。それも徹底的に。性的な事は抜きにして。
そんなコミュニケーションを楽しめればいいとは思いませんか。

男女は元々別に暮らしていたのですから、摺り合わせの期間が必要でしょう。
会話でお互いに満たして、引かれ逢って、そして関係をもつと。
女性に触れていて、乳房のしこりやその他の不具合を探してあげるような気配りも必要でしょうね。それにはどうしても経験や文献を多量に読むなど。

kinksexに近い事もあるでしょうから、常に会話の必要も。
ストップワードを決めておくとか。そんな間柄になれば。
こういう知識もビデオなどで紹介されています。
カウンセラーや医師クラスの方がナレーションしていますよ。
じつに多彩な男女関係があるものです。

新しい本などから探して、自分を変える工夫を。
何がこの先の人生に影響をするかは確約できないですけど。
知らないよりは、知っておく事を大切に。
過去の女性がこう教えてくれたと考えを変えてみてはいかがです?
失敗したでは自分がかわいそうですから。
そして、セーフセックスに導いていけば宜しいのではないでしょうか。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

最新記事