文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

いきいき快適生活

介護・シニア

[認知症と向き合う](20)同じ話 気遣いかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 認知症は、脳が変化することで起こります。そして、脳の変化そのものが引き起こす症状を、中核症状と言います。例えばアルツハイマー型認知症。脳の記憶に関係する部分が変化するため、記憶力の低下が中核症状の一つとして知られています。症状はやむことなく進行し、予防したり治したりすることはできません。

 「同じ事を何度も言う」ことが中核症状の例に挙げられる事があります。でも、私は「そんなに簡単に言い切っていいのかな」と思うことがあります。

 ある家族の話です。

 ご自宅に訪問して診療している私に、認知症のある女性が「今度はいつ来るのか」と聞いてきました。私は「2週間後」と答えました。その1分後、また同じ質問をしてきます。これを3、4度繰り返しました。

 そばにいた息子さんは、「いいかげんにしなさい!同じこと何度も聞くんじゃないよっ」と怒りました。

 母親は、記憶力の低下で、同じ話を繰り返したとも見えます。しかし、こうは考えられないでしょうか。

 この母親は、黙って診察をしている私との雰囲気を悪くしないように、「なにかを聞こう」という衝動に駆られた、と。その原因は私に対する気遣いや不安です。ただ、母親は記憶力の低下で、同じ内容を繰り返してしまったのではないか。

 そうであれば、この時に母親が見せた配慮は、人としての尊厳を感じさせるものだと言えます。もし、同じ話を繰り返したことを、脳の変化による中核症状にすぎないと見ていたら、母親の本当の姿を見失っていたかもしれません。

 認知症になっても、その人の心はあたりまえのように生きています。中核症状と決めつける時は、大切なことを見逃す瞬間かもしれないのです。(木之下徹、「こだまクリニック」院長)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

いきいき快適生活の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事