文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

[イレッサ訴訟] 遺族逆転敗訴…因果関係、厳格に判断

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
「疑い」では不十分 治療効果の高さも重視   肺がん治療薬「イレッサ」の副作用を巡る訴訟で、東京高裁は15日、国と製薬会社の責任を認めた1審判決を全面的に否定し、副作用死した患者の遺族の訴えを退けた。薬害問題で被害者救済の流れが定着する中で、異なる判断が出された背景には何があったのか分析する。(社会部 児玉浩太郎、小泉朋子) クロかグレーか  今回の判決の特徴は、イレッサの承認時に死亡症例と副作用…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

<PR情報>

最新記事