文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

6件 のコメント

週1回は自慰で抜きます

喜寿男性

>60歳~70歳台以上の男性に性欲があるのは異常なのか、また性欲処理に自慰行為をするのは異常なのかを知りたいです。

私に言わせれば、60歳~70歳台以上の男性で性欲がないのが異常だと思います。受け皿を失った男性でセフレを見つけられない人は自慰行為で満足するしかないでしょう。

見つけられないので、動画が私の友です。侘びしいですが、これも人生。
動画に釘付けになった時、やはり異常ではないかと不安になりました。主治医は私の悩み事は…と言いかけたとき「性の問題ですか?」と助けてくれました。真面目に「はい」と答えると「男だったら皆さん同じですよ。女性は質問しませんが、もし求められれば同じと答えます」。それから会う人みながまぶしく見えるようになりました。
 
人は、みな生きているうちは、性慾を持ち、相手のいる人は相手と楽しみ、一人の人は自慰行為で楽しんでいるのです。それを異常とは言わないでしょう。

違反報告

70歳台以上の男性に性欲

喜寿男性

私は未だに性欲が強すぎて悩んでいます。妻をときどき誘うのですが、この歳になってまだやりたいの?と素っ気なく言います。

妻が嫌がるのなら別の女性とやりたいとお思いますが、女性の知人に「セックスしませんか」とは恥ずかしくて言えません。ですから週一回はオナニーで我慢しています。

妻が寝た後や、留守の時に昔を思い出しながら、喘ぎ声を出して扱きます。

性欲処理にオナニーするのは当然だと思います。別の処理方法があるのでしたら、教えてもらいたいと思います。オナニーグッズもときどき使います。

妻もオナニーグッズを見て、これで処理していると思っているようです。

先日は妻(75歳)も、風呂のシャワーを股間に当てて自慰行為をしているのを見ました。女性は性欲があってもセックスは面倒のようです。疲れるからでしょうか?

違反報告

内分泌系があやつる世界

戸定 松

年齢を重ねると、男性ホルモンの減少でもともとあった女性ホルモンが相対的に優位になると本で読んだ事があります。
その結果、女性ホルモンの影響で性格がまるくなっていく事もある。
結果、性に関しては遠ざかるのかもしれないです。
ところがパートナーを性の対象で意識出来る男性はそうはいかない場合もあるでしょう。

前立腺癌の予防にもいいとは思いますので、やはり自分にあった方法で解消するのがいいみたいですね。俗に女性と暮らすと長生きというのもうなずけます。
春画や美術館でみかける男女を描いたものを見ると、なんて自由にしているのでしょうね。想像ではなくて、その光景を書いているものもあるそうです。
性を意識するのは意外とQOLを高めてよりよい人生が構築出来そうですね。
セックスでも自慰でも、可能な限り経験し続けたいものです。

どうしても、男性の性に関しては目から入る図や絵画、動画がおもになっているみたいですね。なかなか、文献として探すのがおっくうなものです。
医学書などには結構出ているのですけど、読みにくい理解しにくいなど。
なにより最近ですよね。性についての学会などが活発に紹介され始めたのは。

小説などの文章で性を頭の中で再現が上手に出来る女性に比して男性は視覚というストレートなものから情報を得るから、ついまねしたり、比較したりが得意になってしまうのかなと。パートナー同士がわかりあえる男女になるには、やはり耳で聞く習慣をつけないと男性は絵の世界で迷ってしまうかもしれないですね。

違反報告

男性のセックスについて

吉田 柏

高齢者女性のセックスの記事、本は沢山記載・発行されていますが、男性については殆どありません。 次回は男性のセックス記事を是非掲載してください。
特に、60歳~70歳台以上の男性に性欲があるのは異常なのか、また性欲処理に自慰行為をするのは異常なのかを知りたいです。

違反報告

でも見本等が必要では?

熟女大好きオヤジ

「無意識でやっている事を、ベッドでやればいい・・。二人で作っていくの・・・。」は分かりますが、その知識をどうすれば良いのかですよね。
その見本となる模範演技とでも言いますか、そんな実演って必要ではないでしょか?
性教育先進国では、そういう映像もあるのでは?
もしそうした正しいセックス教育映像を制作するんであれば私老骨に鞭打って出演したいですね。 別に興味本位や欲求不満で行なう訳ではなくて、本当に基本的な性行為の仕方って凄く大事だと思うんですよね。
 そして大人が子供に模範として見せてやりたいですね。
 私常々そう思っています。 活字や写真では、絶対に細かい所までは分からないと思います。 ちょっと極端な意見かも知れませんが、これ位しないと駄目だと言う所まで来ているのが今の性教育の現状ではないでしょうか?
いろんな意見がありますが、私はもっと真剣に積極的な性教育を推進する事を望みます。楽しい人生を送るためにも!!

違反報告

性の教育は自立心への扉

グラスブラッシュ

海外での話しになります。
日本とは少し事情が違ってきますから、そのものずばりで専門家がやっているみたいです。
学校から帰った子供からセックスの有無を聞かれた親は正直に答えたそうです。
子供が、やっぱりしたのか。
それで、終わりです。

「イラスト版 10歳からの性教育」という本を送りましたところ、日本語で書いてあるから読みやすいと子供さんが読んでいるみたいです。
私も読んでから送ったのですが、まさにその内容そのままを教えてもらっているとの事でした。

日常で抱き合う、キスをするという光景が、空港や街中、家の玄関で見たり、されたり、したりの国での日本人のご家族ですから、のほほんと性の教育みたいです。
親は親、子供は子供という考えと、人に接するのが日常というのも手伝っているのかもしれません。
だけど、好きな子ができても、小学生。やはり恥ずかしくて告白できないみたいです。
親からみると、微笑ましいでしょう。
学校行事も高学年になると親は送り迎えだけで中で見学すらできないものもあるそうです。

独立心を養う時期に、性の事と性にまつわる疾病や生殖器の事を教えるのはいいことでしょう。理解しなくても、専門の用語を覚えているだけで十分です。
性交体位もそれなりに意味があるので事情に合わせてという事でしょうね。

ところかわって、アメリカでは男女別の学級を作って、時に合同のクラスにして、女子生徒が入室するまで男子生徒は待っているなんて教育も試されていると日本のテレビで見た事があります。
世界的に、人の精子の動きや前進性が劣りはじめて、Y遺伝子が短くなってきてと、いろいろと問題もあるみたいという内容でした。

教えてもらって、実践して、話し合って楽しく過ごすのがセックスの別の一面でしょう。
きもちいいセックスが一番落ち着いて日常が楽しく感じますね。

違反報告

記事へ戻る