文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

4件 のコメント

疼きっぱなしのじいさん

当たることも出来ない意気地無し

67歳の方や70歳の方がセックスに努力していることにあこがれます。小生、喜寿を過ぎてもてもまだ身体が疼いて 疼いて困ります。妻は病気でレスが30年以上続いています。妻は小生に「私の知らない人と、分からないようにやってきていい」と言います。

治らない病気なのでレスを受け入れざるをえません。しかし、妻以外の女性とも性交をしたことがない身体は疼いて、3日に1回程度のオナニーではむなしくとてもやりきれません。

15歳の性欲の強い中学生に、「経験豊富な熟女にやらせてくださいと土下座してご覧」と、人生相談にに出ていました。

何度も機会を見つけては女性を口説こうとしましたが、酒が飲めないこともあって酒の上の冗談と言い逃れが出来ないので、身の上話で終わってしまうことばかりです。気が小さく知人に土下座して頼むことが出来ません。

毎晩妻に寄り添いながら寝ていますが、眠れないために睡眠導入剤を使って、毎日夢精でも良いからセックスする夢を見たいと思っている意気地無しです。


違反報告

「月一Gと週一S」

ハマのおじいさん

「月一回のゴルフと週1回のセックス」が私の当面の目標です。
現在67歳ですが、最近はなかなかこの目標をクリアできない状況です。

「目覚めた70歳」さんの書き込みを見てとても励みになりました。
やはり相手にも喜んでもらうようにしないといけないのですよね。
「潤滑ゼリー」と「バイアグラ」と「クンニ」で、70歳すぎてもなんとか
頑張れそうな気がしてきました。

違反報告

分かりますね!

熟女大好きオヤジ

いや~このお話分かりますね。
まさに学校で教わらないので、いろんな本や経験ある友人や先輩から聞くしかないんですよね。 その中には、間違った情報が多いんですよね。
私も小学生高学年から興味が湧きいろんな大人の本を良く読んだものです。
どうも日本は、性教育に重点を置かない国柄ではないかといつも思います。
いろんな団体が一生懸命に性教育普及の為に努力しているんですが、どうも男性教員をはじめ各級議員等が頭が固いのか恥ずかしいのか積極的で無く力を貸そうとしないそうです。 本当に未だに進歩がないのが性教育の分野なんです。
ここが遅れているのも経済大国の割りには悲しい現実です。
間違った情報により多くの青少年少女達の体と心が傷ついています。
そして特に女性への無知な行為に問題があります。
やはり若い時期から特に男性には念を入れて性教育を受けさせたいですね。
そういう意味でも宋さんのお話は、本当に共感出来ますね。

違反報告

率直に打ち明けることが大事

目覚めた70歳

今年、70歳になりました。数年前から4つ下の妻がセックスを避けるようになりました。誘っても今日は疲れているから、遅いから、明日朝から用事があるから、など理由をつけて別室で眠ってしまいます。
私は自分で処理してきました。さらに、ビデオなどに興味を引かれて見ていましたが、かえって欲求が強くなってしまいました。
このままいらいらと人生を過ごすのも馬鹿らしいと考え、妻に自分のやりたい気持ちを話しましたところ、痛いから嫌なの、とのことでした。
それならばと、潤滑剤を購入し、妻を説得して試してみました。
私も反省し、充分濡れることを期待して手や口で上から下までタッチし、舌でしっかりとなめました。
挿入時も痛くないか聞きながら行いました。今では妻も喜んで、月に3回行っています。私の気持ちを率直に話して本当によかった、と思っています。

違反報告

記事へ戻る