文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ミチコさんの人“性”塾

yomiDr.記事アーカイブ

自慰物語 (3) おおらかだった江戸時代

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 では、日本ではどうだったのでしょう。

 江戸時代の書『阿奈遠加之』には、次のように記されています。

 かはつるみ(自慰のこと)とかいふをのこの手わざこそ、たぐひなくいみじきものなれ。名をたてず身をそこなはず、世のわずらひとなりしためしをもきかねば、これもまた、もとはひじりほとけのみをしへにもやあるらん。さるは世にありとある人、ぼんのうのやみに心まどはざるは,千たりにひとりもありがたかめるを、ただに一挙を昇降して無量の罪科を即滅せんこと、いともいともたふたきわざならぬかは。

《現代語訳》

 「オナニー」という男の手技はとてもすばらしいものです。名誉を傷つけることなく、健康を害することもなく、また社会に害を及ぼしたということも聞いたことはありません。これはきっと、聖者か仏様の教えなのでしょう。世の中のあらゆる人で、性欲によって心がイライラしない人は、千人に一人もいないものですが、オナニーはそのイライラを一気に解消してくれる大変尊い技なのです。

 いかがですか。なんとおおらかで、しかも合理的ではありませんか。思わず、拍手喝采したくなります。

 わが国も、このままの捉え方で推移すればよかったのですが、明治に入ってどっと西洋文化がなだれ込んでくるなかで、マスターベーションの有害性もまた強調され、その訳語として「手淫」 「自涜」があてられるようになってしまったのです。

 続きます。

◇        ◆         ◇

 高柳さんへの質問や相談は こちらへ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

高柳美知子さんブログ_顔87

高柳美知子(たかやなぎ・みちこ)

1931(昭和6)年、東京生まれ。中学・高校の国語教師などを経て、現在は“人間と性”教育研究所所長。

詳しいプロフィールはこちら

高柳さんへの質問や相談はこちらへ。

ミチコさんの人“性”塾の一覧を見る

<PR情報>

5件 のコメント

女の手技もそれ以上に素晴らしい

みさを

「オナニー」という男の手技はとてもすばらしいものです…女性の私は何となく分かります。中1の息子が毎日のようにオナニーに耽っているのを見ると。オナ...

「オナニー」という男の手技はとてもすばらしいものです…女性の私は何となく分かります。中1の息子が毎日のようにオナニーに耽っているのを見ると。

オナニーは男の特権ではありません。むしろ女性の方が得しているように思いますが、如何でしょう、先生。

男のオナニーは手技では数分で射精して終わってしまいます。ペニスを扱くだけで逝ってしまうのは気の毒だと思います。

私の手技は‥恥ずかしいのですが‥クリトリスで数回逝きます。Gスポットでもまた数回逝きます。ほとぼりが収まるとまたできるのがいいです。流れ出る体液も、男の精液に比べ辺りを汚しません。

性具を使うと人知れず公衆の中でも出来ます。顔が紅潮するのさえ気づかれなければのことですが。五十路の熟女は、いま春満開です。

つづきを読む

違反報告

おおらかさがいいですね。

アラ更年期

夫はアメリカ人、カソリックです。自慰行為は絶対にしないようです。彼は男の生理は3日一度来ると言っています。つまり3日一度出さないとイライラするそ...

夫はアメリカ人、カソリックです。自慰行為は絶対にしないようです。彼は男の生理は3日一度来ると言っています。つまり3日一度出さないとイライラするそうです。私自身は、もう性欲がそれほどないので、3日に1度お付き合いするのは疲れます。でも、そうしないと「性欲によって心がイライラしない人は、千人に一人もいないものですが」とありますが、イライラしてくるのです。(江戸時代の日本男児の発言ながら、やっぱり古今東西、男性とはそういうものかと別の意味で感心しました。もちろん全員ではないのでしょうが。)

私たちは結婚して20数年ですが、当初から今まで頻度のことで何度もぶつかってきてます。

「オナニーはそのイライラを一気に解消してくれる大変尊い技なのです。」の部分を読んで、あー、夫も、そう思ってくれた、どんなに楽だろうと思いました。たまには自分で解消して欲しいです。私が性欲がないときは、私が手などで・・・ということになります。自分でやればいいじゃないかといつも思います。触れ合うことで愛情を感じられると夫は言うのですが、私にとってはお仕事になってます。一方通行なわけではなく、お返しにマッサージをしてくれたりします。でも、やっぱり3日に一度は、はっきり言って煩わしいです。

ある友人は犬の散歩なら億劫でも最低10分くらいはするのだから、そう思うといいのよと言っています。なんか、そのほうがむなしいと思ってしまうのですが、心の持ちようでしょうかね。夫婦で性欲レベルが一致しないというのは、長い生活の中で辛いものだと思います。いつもとはいいませんが、たまには自慰をすることで、バランスを取るのは、良いことだと思います。自慰と呼ばずに自分を満足させる自満。夫婦円満のための自満と呼んでみたらどうでしょうか。

つづきを読む

違反報告

高潔というエゴ

あるがまま

そもそもオナニー自体は誰からの知識により行う事はあまりないと思います。つまり自然の行為。逆にその事に善悪・正邪・浄不浄の概念をあてがう事こそ誰か...

そもそもオナニー自体は誰からの知識により行う事はあまりないと思います。
つまり自然の行為。
逆にその事に善悪・正邪・浄不浄の概念をあてがう事こそ誰かが決めた不自然なもの。
何事も持ち上げ過ぎず蔑み過ぎずが大事だと。
人を定義するのに何をするからしないから、どうだって言うんですかね。
あるがまま。それでいいじゃないですか。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

最新記事