文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

いきいき快適生活

介護・シニア

[認知症と向き合う](19)周囲の人だって当事者

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 訪問先に、認知症で無気力になった70歳代の男性がいました。同居する妻は夫に献身的に尽くしつつも、「自分の自由な時間なんてありはしない」とこぼしながら、何もしようとしない夫を叱責する毎日。40歳代の娘たちは両親の生活が気にかかり、仕事を早々に切り上げて代わる代わる実家を訪れていました。

 この家族の中で、だれが認知症の「当事者」なのでしょうか。

 私は、認知症に苦しむ「その人」だけでなく、「認知症のことが心から離れない」周りの人も当事者なのだと思っています。

 厚生労働省は現在、認知症の人が200万人以上いると推計しています。その人のそばにいて、認知症のことが心から離れない人が仮に4人いるとすれば、認知症の当事者は1000万人以上になります。二十数年で認知症の人の数が倍近くになるという推計もあります。将来まで時間軸を伸ばして考えれば、認知症の当事者の数は、格段に増えると言っていいでしょう。

 認知症でその人が苦しみ、周りの人も大変になる。この苦悩を見るにつけ、我々の心には痛みが走ります。でも、自分自身も将来、どちらかの当事者になる可能性が高いのです。

 自分や周りの人が認知症になっても、自分らしい人生を生き続けたいと思うのは当たり前のはずです。

 視点が変われば、語る言葉が変わり、行為が変わり、そして結果が変わります。だから、認知症を語るとき、「今、どの視点で語っているのか」で、我々の未来も変わっていくはずです。もし、「明日は我が身である」と思うのなら、その時に最も大切なのは、「当事者の視点」だということになります。これが将来、認知症になるかもしれない私の意見です。 (木之下徹、「こだまクリニック」院長)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

いきいき快適生活の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事