文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

子どもが「歯列・咬合 要観察」

 子どもが学校で「歯列・咬合(こうごう) 要観察」と診断されました。どんなことに注意して観察すればよいですか。
(51歳女性)

親知らず、前歯、顎に注意

朝田芳信 鶴見大歯学部付属病院 小児歯科教授(横浜市)

 「歯列・咬合 要観察」は、歯並び(歯列)や歯のかみ合わせ(咬合)に軽度の乱れがあり、すぐに治療しなくてもよいが、継続的に観察する必要がある、という状態です。

 成長期の子どもの場合、永久歯が生えたり、下顎が発達したりする影響で、歯並びやかみ合わせが悪化することがあります。すると、見た目が悪いだけでなく、▽虫歯になりやすい▽かむ力が弱くなる▽顎の関節の病気になりやすい(主に小学校高学年以上の子どもの場合)――などの問題が起きる可能性があります。

 主な観察のポイントをご説明します。

 第三大臼歯(親知らず)が生えていない場合、それが生えてくるかどうかを見ましょう。生える時に隣の歯を押し、歯並びに悪影響を及ぼすことがあります。

 かみ合わせる時、上下の前歯が先端どうしでかみ合う「切端咬合」や、上の歯と下の歯の間のすき間が大きい「開咬」の有無も見ましょう。正常なら、下の前歯の先端は上の前歯の裏に隠れ、上下の歯のすき間はほとんどできません。

 口を開けた時、上顎と下顎が極端にずれていないか、顎の関節付近で「カクカク」というようなおかしな音がしないかにも注意して下さい。

 家庭での観察に加え、定期的に歯科医院や口腔(こうくう)外科を受診して診てもらうことが大切です。主治医と連携して悪化の兆候を見逃さず、必要に応じて矯正などの治療を受けて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療相談室 新着回答

一覧へ

相談を投稿する

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。

  • 相談と回答は紙面に掲載されることもあります。すべての相談にはお答えできません。また、個別には回答いたしません。

直接相談する

24時間電話医療相談サービス

相談するには

オンライン相談の投稿ができるのは、読者会員に限ります。読売新聞ご購読者で読者会員登録をされた方が、有料(プラス)登録すると、電話による医療相談が24時間365日ご利用いただけます(相談料・通話料は無料)。

読売新聞読者会員の有料登録は、月額200円(税抜き)です。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。