文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

アルコール依存症… 酵素の型で危険度判定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 健康と社会生活の破綻につながるアルコール依存症。依存症のなりやすさは、アルコールなどを肝臓で分解する酵素の型が関係することから、どんなタイプかを遺伝子検査で調べ、予防に役立てようとの試みが進められている。(佐藤光展) ◇  画像の拡大  アルコール依存症は、長期間の大量飲酒で陥る。回復しても断酒を続ける必要があり、再び少量でも酒を口にすると、再発するやっかいな病気だ。  依存症になりやすいタイプ…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事