文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

[がん共生時代]支え合い(5)Q&A 相談者養成 支援の質向上を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
  聖路加国際病院 精神腫瘍科医長 保坂隆(ほさか・たかし)さん  1977年、慶応大医学部卒。東海大精神科教授などを経て、2010年、現職。  がん患者同士の支え合いにはどんな効果や意味があるのだろうか。患者や家族の心理支援やグループ療法についての研究がある、聖路加国際病院(東京・中央区)精神腫瘍科医長の保坂隆さん(59)に聞きました。  ――がん患者のピアサポート(仲間による支援)が広がってき…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事