文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

[がん共生時代]支え合い(4)病院内 闘病仲間と語らう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
  筑波記念病院の院内患者会「こぶしの会」のおしゃべり会。再発を報告した男性は「次は入院中に参加するかも」と話した  入院中から退院後まで、同じ病と闘う仲間と情報を交換し、励まし合えたら、どれほど心強いだろう。  筑波記念病院(茨城県つくば市)血液内科の患者でつくる「こぶしの会」は、多発性骨髄腫で、へその緒や胎盤に含まれるさい帯血の移植を受けた吉沢孝子さん(63)が、退院後の2006年12月に設立…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事