文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

すてきライフ

yomiDr.記事アーカイブ

家族の絆に幸せ感じる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 4年前に初めてカンボジアを訪れました。テレビ番組の収録で農村にホームステイしたんです。そして今回、映画のロケで再び訪れ、貧困やエイズ、内戦の傷痕、いまもある地雷など、改めてカンボジアの現実を見ることになりました。

 実際にエイズ患者の人たちに会いました。ポル・ポト政権時代に虐殺が行われていた「キリング・フィールド」では、埋められた人の骨や着ていた服が、土から出てきていて、スタッフも出演者も絶句しました。

 きょうも家族そろって夕ご飯を食べられる。そんな日本では当たり前のことが、実は幸せなことだと気づかされます。日本のように電気や水道のある快適な暮らしはないけれど、カンボジアでは家族が互いに信頼し合って生きていて、それはうらやましく思えました。

 現地では子どもたちとサッカーをして遊びました。ルールを知らないので手を使ってしまうのだけど、一緒にボールを追っていると言葉の壁もなくなります。食べ物がおいしくて、日本に帰ってから、まねして作ってみました。バナナの皮で蒸したり……でも、なぜかどれも和風の味になってしまいます。(聞き手・梅崎正直、撮影・和田康司)

 向井理(むかい・おさむ)さん 俳優。1982年生まれ。「僕たちは世界を変えることができない。But, we wanna build a school in Cambodia.」(東映・23日から)で映画初主演。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

すてきライフの一覧を見る

最新記事