文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

[がん共生時代]支え合い(3)患者が級友、ネット学習

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
  「ネットでeクラス」のホームルームの画面。遠隔地にいる小児がん経験者がおしゃべりを楽しむ。上段中央が理事長の安道さん。中段中央が久米さん。(エスビューロー提供、画像は一部修正しています)  大阪府の大学1年生、久米昂佑(こうすけ)さん(20)は、中学3年の夏、激しい頭痛で倒れ、脳腫瘍と診断を受けた。手術後、抗がん剤や放射線治療を数か月続け、1年遅れで高校に入学。だが治療の後遺症で滑舌が悪くなり…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事