文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

酸蝕歯予防イベント

イベント・フォーラム

(3)歯磨きは食後10分たってから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
司会:エフエム東京 アナウンサー 浅利そのみ
出演:長谷川理恵(タレント、野菜ソムリエ、ベジフルティーチャー)
    ギャル曽根(タレント、野菜ソムリエ)
講師:鈴木禎(歯学博士)

酸っぱいものに注意

パネル(1)一見、酸蝕歯とはわからない
パネル(2)酸蝕歯に裏から青い光を当てたところ。透明度が高くなっている

 浅利 この時間は歯学博士の鈴木禎先生に歯のケアについて教えていただきたいと思います。鈴木先生、まず、酸蝕歯とはどのようなものですか?

 鈴木 パネル(1)を見ていただくと、非常に健全ないい歯に見えますが、裏側から光を当ててみると、パネル(2)のように、先端が非常に透明度が高くなってしまっていることがわかります。この写真は軽度の酸蝕歯ですので、歯の形までは変わっていません。表から酸蝕にあう場合と裏から酸蝕にあう場合でも見え方が違います。嘔吐(おうと)をしてしまう場合は裏側から薄くなるのでこういう形になりやすい。歯は髪の毛や爪などと同じで死んだ組織なので、いったん厚みが失われると再生しません。そうなる前に予防していただくのが大切。決して難しくはありませんので、後ほどご紹介します。

 浅利 歯が薄くなってしまう原因は?

 鈴木 食べ物は酸性のものが多く、アルカリ性のものはほとんどありません。歯の表面にあるエナメル質は、酸性度をあらわすpH(ペーハー)値が5.4以下になると溶け始めます。酸性に近いものを続けて食べると歯はそのまま溶けてしまう。食べ物はほとんど酸性であるという認識を持っていただき、食後の予防に生かしていただきたいと思います。

 浅利 酸が入っているものを取り、放置することで歯の表面がどんどん溶けていってしまうということですね。酸が多いもの、特に気をつける食材はありますか?

 鈴木 極端に酸性度が高いものというのは、食べて酸っぱいものですね。酢の物、果物など、体にいいと言われているもの、おいしいと言われているものには気をつけなければいけません。“うまみ成分”もほとんど酸性です。

食べ物クイズ「どっちの方が酸性?」

 浅利 さて、ここで「どちらの食べ物がより酸性か?」クイズを行いましょう。あくまでも酸蝕歯になりやすいかどうかということであって、体にいい食べ物もたくさんあるので、その点はご理解いただきたいと思います。では、第1問。どっちが酸蝕歯になりやすいでしょう?

  炭酸飲料
  コーヒー

 鈴木 答えは炭酸飲料ですね。読んで字のごとく、炭“酸”が入っています。

 浅利 続いて第2問。どっちが酸蝕歯になりやすいでしょう?

  豆乳
  ヨーグルトドリンク

 鈴木 ヨーグルトドリンクです。ヨーグルトの原材料に使われている牛乳は、pH値が約4.5以下にならないと固まらない。そのもの自体が酸性度の高いものです。体にいいと言われる乳酸菌は糖を原料として乳酸を出します。そういう意味でも歯にとっては非常に不利な食材です。

 浅利 では最後です。どっちが酸蝕歯になりやすいでしょう?

  ワイン
  ビール

 鈴木 ワインです。ビールは炭酸なのでもちろん酸性ですが、強い酸とはいえない部類に入るんですね。一方、ワインは平均でpH値が3.8なので、飲み方によっては気をつけなければいけない飲み物です。味わってちびちび飲むような飲み方だと、非常に歯への接触時間が長くなるので不利です。白と赤ではどちらかというと赤の方が酸性が強いですが、どちらも酸性が強いという傾向は変わりません。

 浅利 ギャル曽根さんはワインはお好きですか?

 ギャル曽根 少し飲みます。

 浅利 理恵さんはお好きですよね?

 長谷川 好きです。ドキッとしちゃいました。最近は赤より白を飲んでいるからセーフとか、そういう話でもないんですよね(笑)。でも予防法があるんですよね?

 鈴木 溶けると再生しませんからね。症状は、わかりやすく削れてくるようなひどい場合もありますが、もっとミクロの状態で、表面がスカスカのメッシュ状になってしまう場合の方が多いです。それから、代表的な症状は知覚過敏で、冷たいものがしみる。ひどくなると、風が吹いてもしみるという状態になることもあります。

予防は食後の“うがい後10分”

左から長谷川理恵さん、ギャル曽根さん、鈴木禎さん

 浅利 ドキッとされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。そうなると食べたり飲んだりするのが怖いと思ってしまいますが、しっかり対策をすれば防げるのですね。具体的にどんなことをすればよいでしょうか?

 鈴木 ひとつは歯の磨き方。もともと口の中のpH値は6.5の中性に近い状態ですが、食後はpHが下がって酸性に近くなり歯の表面がもろい状態になっていますので、そんなときに歯ブラシでゴシゴシこすってはいけません。できれば食後は口を水でゆすいで中性に近づけて、10~15分たってから、やわらかめのブラシで傷つけないように磨くことですね。

 ギャル曽根 ロケで、たとえば1日に6件まわるときに歯を磨くタイミングが難しくていつも困っているんですが……。

 鈴木 厳しいですね。ちょこちょこ食べるのが一番不利なんですね。アルカリ性の水で、よくうがいをするくらいしか対応できないでしょうね。

 浅利 理恵さんは酸蝕歯をご存じだったんですよね?

 長谷川 はい。知らなかった頃は酸蝕歯になる要素が満載だったのですが、今はなるべく気をつけています。運動していると酸蝕歯になりやすいと聞いたことがあります。スポーツドリンクにも酸が入っているみたいですしね。

 ギャル曽根 私は初めて知ったので、今日から予防します。

 浅利 今日のお話を参考に、ぜひ、みなさんで酸蝕歯を予防していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

イベント・フォーラムの一覧を見る

酸蝕歯予防イベント

最新記事