文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療部発

コラム

マウスピースって、すごい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 

 マウスピースというと、すぐに思い浮かぶのが、スポーツ選手が使っているマウスガード。歯を守ったり、力を発揮しやすくしたりするのが目的です。

 そのほか、簡単な歯列矯正に使うこともありますし、顎関節症の患者が、あごの痛みの緩和のために使うこともあります。さらには睡眠時無呼吸症候群の患者が、睡眠中に舌根部が落ち込んで呼吸を邪魔しないように、下あごを前に出すためにはめることもあります。

 いろんな使い方があるマウスピースですが、今回の医療ルネサンス「口の機能回復」の取材で驚いたのは、完全にずれたあごを元の位置に戻すのにも使われていたことです。

 口腔がんであごの骨や肉を失うと、通常は手術時に体の他の部分の組織を移植して再建します。ところが、移植がうまくゆかないと、あごが安定せず、ずれることがあります。それでは、たとえ歯があってもかむことはできません。

 そんな場合、昭和大歯科病院口腔リハビリテーション科では、患者のあごのずれに合ったマウスピースを作り、少しずつ補正していきます。

 写真を見ると、完全にずれていたあご(写真1)が、ずれに合わせたマウスピースを使用することで(2 、 3)、1年でかみ合うようになった(4)ことがよく分かります。口の状態が十分に安定したら、チタンなどプレートを使って、あごを正しい位置に固定するそうです。

 手術などせず、口にはめるだけで、ここまでできるとはびっくりですね。

 
 

 

藤田勝 2008年9月から医療情報部。主な取材対象は、終末期医療、皮膚の病気、歯科診療、感染症など。趣味は、温泉旅行、皿洗い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療部発12最終300-300

読売新聞東京本社編集局 医療部

1997年に、医療分野を専門に取材する部署としてスタート。2013年4月に部の名称が「医療情報部」から「医療部」に変りました。長期連載「医療ルネサンス」の反響などについて、医療部の記者が交替で執筆します。

医療部発の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事