文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

放射能と暮らす(8)被曝対策、市民参加が大切

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
   「100ミリ・シーベルトまでは問題ないと言う人もいれば、危ないと言う人もいる。何が本当なのか、よくわかりません」。東京都の主婦(37)は、不安げに話す。  この主婦の不安は当然だ。100ミリ・シーベルトより低い放射線の影響がどれほどなのか、はっきりしていないからだ。  放射線の健康影響の土台になっているのは、広島・長崎の被爆者の追跡調査だ。放射線影響研究所(広島市)が、被爆者約9万4000人…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

<PR情報>

最新記事