文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

はつらつ健康指南

健康・ダイエット

歌は大人同士の雰囲気で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 歌は高齢になっても気軽にできるレクリエーションの代表格だ。苦手意識を持つ人でも、周囲の人の気遣いで楽しく歌うことができ、健康維持にもつながるという。

介護にカラオケの活用も

高齢者専用賃貸住宅で開かれた歌の講座。楽しく歌える雰囲気づくりに気を配る(埼玉県戸田市で)

 「肩の力を抜いて、楽しんでいきましょう」。今月下旬、埼玉県戸田市の高齢者専用賃貸住宅。出張音楽療法などを手掛ける民間会社「リリムジカ」の音楽療法士、柴田萌さんが電子ピアノで「上を向いて歩こう」の伴奏を始めると、入居者ら10人ほどが歌い始めた。

 一見、普通に伴奏しているようだが、実は細かな配慮がある。「3、2、1、はい」や「せーの」などと直接、言葉では合図しない。代わりに、歌い出しの直前、前奏に一呼吸入れたり、表情や視線でタイミングを伝えるように工夫しているという。「子どもを相手にするような雰囲気を嫌う人もいる。大人同士で一緒に楽しむ環境づくりが大切です」と柴田さん。歌声のテンポに伴奏のほうを合わせていくこともある。

 高齢者本人の「歌いたい」という気持ちを自然に引き出すことが大切。柴田さんのような技がなくても、いくつかの留意点=表=を知っておけば楽しく歌える。

 「幸せなら手をたたこう」「星影のワルツ」などを歌い終えた73歳の女性は「久しぶりに歌ったら、頭の中がスッキリした」、86歳の女性も「喜怒哀楽を歌で表現できたような気がして楽しかった」と話していた。

 歌の効果は、気持ちをリフレッシュさせるだけではない。柴田さんによると、歌うことで、あごや舌の筋肉を使うため、食事をかんだり、のみ込んだりする力を維持するのにも役立つという。

 介護の現場ではカラオケの活用も広がっている。

 カラオケ大手の第一興商(東京)と東北福祉大(宮城)は共同で、昨年11月から仙台市内などのデイサービス施設利用者ら4グループ計約40人を対象に、同社の高齢者向け通信カラオケを使ったレクリエーションの効果を調べた。

 2か月間続けた後、「痛み」「不安」など健康状態を示す5項目について3段階で自己評価してもらった結果、3グループで実施前より数値が改善した。さらに、何もせずに3か月後に調査したところ、元の数値に戻ったという。

 結果を集計した同大予防福祉健康増進推進室の小田充宏さんは「カラオケがあまり好きでないという人にも参加してもらったが、合唱形式なら楽しめるようです」と話す。

 ただし、カラオケボックスに行く時は、歌いすぎに注意が必要だ。国際医療福祉大教授で、東京都港区の山王病院内にある同大東京ボイスセンター長を務める福田宏之さんは「元気な高齢者でも、3曲歌ったら一休みを」と呼びかける。高齢になると、声帯が細くなって負担が掛かりやすくなる。好きな歌手の歌い方や声域をまね、無理に発声するのも良くないという。

 のどを酷使し続けていると声帯ポリープが出来てしまうこともある。福田さんは「カラオケを楽しむ時は、盛り上がった時こそクールダウンが必要。高齢者と一緒に歌う場合は特に配慮を」とアドバイスする。

高齢者と歌を楽しむ際の留意点
・CDに合わせるとキー(音域)が高めで歌いにくい場合も。一緒に歌うときは1オクターブ低く
・カラオケ伴奏のメロディーが分かりにくかったり、テンポが合わなかったりする時は、アカペラ(無伴奏)で歌ったほうが楽しめることもある
・アカペラで歌う時は、手拍子の動作を大きくすると、聴力が弱っている人にもわかりやすい
・歌詞カードを用意する時は、文字を大きめに。横書きより縦書きのほうが読みやすい
・視力が弱い人には、歌い出しの直前に歌詞を先に読んであげると安心して歌える
(「リリムジカ」の資料を基に作成)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

はつらつ健康指南の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事