文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

はつらつ健康指南

健康・ダイエット

どうなる栄養成分表示(下)誤解招く数字のマジック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ナトリウム2.7グラム→食塩換算6.9グラムに

生活習慣病の予防や改善のため、一般向けの講座で栄養表示の活用法を伝える蒲池さん(左)(東京都豊島区の女子栄養大学栄養クリニックで)

 現在の健康増進法では、食品に「塩分控えめ」など栄養に関する表示をする場合にのみ、〈1〉熱量(エネルギー)〈2〉たんぱく質〈3〉脂質〈4〉炭水化物〈5〉ナトリウム――の5項目の含有量をこの順番で表示しなければならないことになっている。

 消費者庁では、この順番を見直し、ナトリウムを2番目に上げることを検討している。日本人は、世界的にみてナトリウムの摂取量が多く、心疾患のリスクと関係しているとのデータがあるからだ。

 「ナトリウム表示には、食塩の量だと誤解を招きやすいという問題があります」

 東京都豊島区の女子栄養大栄養クリニックの教授、蒲池桂子さんは、生活習慣病予防の講座などで注意を呼びかけている。

 食塩は、ナトリウムを主成分とする調味料で、ナトリウムと同じではない。生活習慣病予防のために、日本では食塩の摂取量を抑えるように指導している。家庭で調理する場合、ナトリウムの量は計算しにくいからだ。日本人の食事摂取基準によると、1日の塩分(食塩)の目標量は男性9グラム未満、女性7・5グラム未満。

 ナトリウム量から、食塩の量を知るには計算が必要。計算式は「ナトリウム量×2・54」。たとえば、あるカップ麺のナトリウムは2・7グラム。食塩は、2・54倍の6・9グラム。このカップ麺を食べると、1日の目標量のうち、かなりの量を取ってしまうことがわかる。

 ナトリウム量が食塩量と同じだと誤解すると、食塩の過剰摂取につながる恐れがある。このため、医師らでつくるNPO法人の日本高血圧学会は今月15日、消費者庁に対し、ナトリウムだけでなく食塩相当量の表示も義務付けることを要望した。

 こうした数字のマジックはほかにもある。「100グラムあたり400キロ・カロリー」と、「1食分(10グラム)あたり50キロ・カロリー」を比べると、後者の方が少なく見えるので、業者は後者のような表示をする傾向がある。栄養成分表示をいかにわかりやすくするかは検討課題だ。

 米国では、すべての栄養成分が、1人が一度に消費する平均的な分量を基に表示されている。さらに、この1人分を口にした際、1日の目安量の何%を摂取することになるのかも示している。

 イギリスでは、脂肪や糖分、塩分など、取り過ぎると良くない栄養素が多く含まれていると赤、中程度だと黄色、少ないと緑色で栄養成分を表示する。

 食品表示に詳しい日本生活協同組合連合会の鬼武(おにたけ)一夫さんは、「表示を消費者に役立つようにするには、分かりやすくする工夫が欠かせない」と話している。(竹之内知宣、岡安大地)

日本人の食事摂取基準
 健康の維持・増進、生活習慣病の予防を目的として、厚生労働省が示すエネルギーや各栄養素の摂取量の基準。保健所の栄養指導などで使われる。食塩や脂質については、取り過ぎを防ぐための「目標量」が設定されている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

はつらつ健康指南の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事