文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

(3)乏しい情報 戸惑う患者

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
  「人の役に立とうなんて考えたこともなかったけど、今は自分の治療情報が誰かのためになっていることがうれしい」と話す大沢さん  埼玉県富士見市の大沢優子さん(27)は、まぶたを動かす筋肉がうまく働かない眼瞼下垂症(がんけんかすいしょう)で、生まれつき右目が半分閉じたような状態だった。しかし、2005年に形成外科手術を受けてから、ほとんど目立たなくなった。  翌年、インターネットの会員制サイトに治療…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事