文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

「栄養と料理」 インターネット講座

[ きょうの健康レシピ ]

健康・ダイエット

厚揚げとサケ缶、キャベツのレンジ煮

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 
料理 / 田中可奈子  撮影 / 中村あかね

月刊「栄養と料理」 (女子栄養大学出版部) 2011年8月号より転載
 

電子レンジなら夏場の煮物作りもらくに


 夏場の暑い時期には避けたい、火を使った加熱調理。でも、ごはんに合う煮物が食べたいときも。そんなときにおすすめなのが、電子レンジ。電力使用が気になる電子レンジも、少量調理、短時間の使用であれば賢い省エネになります。ピーク時以外の時間帯に調理するなどのくふうも。

 今回のレシピは、備蓄もできるサケの缶詰めを使うのがポイント。缶汁ごと加えることで味出しにもなり、節水にもなります。加熱後は、ラップをしたまましばらくおくと、味がよりしみ込みます。



作り方

(1) 厚揚げは縦半分に切り、2~3㎝ 幅に切る。

(2) キャベツは一口大のざく切りにし、芯のかたい部分は薄切りにする。

(3) 耐熱ボールに(1)(2)としょうがを入れ、サケを缶汁ごと加える。しょうゆ、みりんをふり、ラップをかけて電子レンジで2分加熱する。一度とり出して上下を混ぜ、再びラップをかけて、さらに1分加熱する。そのまましばらくおいて味をなじませる。




■女子栄養大学出版部からひと言

 『栄養と料理』(毎月9日発売)は、おかげさまで創刊76周年を迎えました。ご家族の皆さまの健康を願い、栄養バランスのとれた食生活を毎月提案しています。今号の特集は夏の電力不足にも備えた「省エネレッスン♪」です。省エネ・節電の基礎知識から省エネクッキング、省エネ型の住まいなど、省エネ生活に役立つ情報が満載! 私たち一人一人ができることから始めて、夏の省エネライフを楽しんでみませんか。「厚揚げとサケ缶、キャベツのレンジ煮」は8月号の省エネクッキング「レンジ調理で時短・節水おかず」の中でご紹介しています。インターネット上で立ち読みもできますので、当出版部のホームページhttp://www.eiyo21.com をご覧ください。(編集担当 / 鄭)


 











  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ヨミドク健康レシピ_女子栄養大学20120727book

女子栄養大学出版部
■女子栄養大学出版部からひと言  おいしい料理を作るのに必要なのは、特別な技術やレシピではなく、きちんと作ることです。『女子栄養大学のお料理入門』は、女子栄養大学の学生に教える入門料理をまとめたもの。授業で指導されている切り方・火加減・加熱時間などを、できる限りていねいに収載しました。“料理初心者のお手本にぴったり”、“自己流だったから仕上がりがイマイチだったことに気づきました”など、初心者からベテランの方まで大変好評をいただいています。当出版部ホームページ http://www.eiyo21.comでもご紹介しておりますので、ご覧ください。(編集担当/奥山)

「栄養と料理」 インターネット講座の一覧を見る

最新記事