文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログ

yomiDr.記事アーカイブ

「書いた社は終わりだ」徹底的に糾弾を!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 酷い、あまりにも酷い話です。こんな大臣を任命した首相はすぐにクビで内閣総辞職。ついでの国会議員も全員クビ(解散総選挙)です。でなければこの国はおしまいです。

 7月3日、松本復興相が宮城県知事室で、暴言の数々。2、3分待たせた結果となった知事を非礼と叱責し、握手を拒否。「県でそれコンセンサス(相違を)得ろよ。そうしないと、われわれ何もしないぞ。だからちゃんとやれ、そういうのは」。終始、上から目線で命令するありさまでした。

 これらは報道されていますが、インターネット上にも動画がアップされ、「一部の発言を取り上げた過大な報道」では決してありえないことは誰の目にも明らかです。

 以上の発言の内容にも増して、一番問題なのは、「これはオフレコ。書いた社は終わりだ」と会談の最後を締めくくったことです。報道人が大挙押しかけた知事室での暴言を一方的にオフレコと宣言し、「書いた社は終わりだ」と恫喝する。いったいどう「終わり」なのでしょう?

 社会を愚弄する大臣の暴言を書かないほうが終わりなんじゃないでしょうか? 

 今の日本のジャーナリズムに一分の魂でも残っているなら、この「書いた社は終わりだ」発言を徹底的に糾弾すべきです。そんなこともできないなら、メディアに社会の何が報道できるでしょうか? 新聞業界団体の抗議文はいつ出るのでしょう?

 それとも、やっぱりこれが社会の中枢で日常に行われていることなのでしょうか? 「政治家が書くなと言ったら、書いちゃダメだ。隠しておけ」。まさか、こういう思想で大新聞の紙面は出来上がっているのでしょうか。

 私はこれまで、菅首相には初心貫徹がんばっていただきたいと考えていました。震災の利権に群がる政治屋どもをはねのけ、新エネルギーの政策を世界に先駆けて実行していただきたいと。ところが、こんなひどい大臣を任命するようではダメです。本当にこんな人しかいなかったのでしょうか。国民と、この国を有史以来支えてきた先人に対して申し訳ないと思うなら、直ちに国会を解散し、真の「長幼の序」を理解した人物が国会でこの国のかじ取りをすべきです。

 でなければ、松本復興相がどうやって記事を配信したメディア各社を終わりにするか、皆さん、しっかりと見物しようではありませんか。


※編集部注 松本復興相は5日午前、菅首相に辞表を提出しました。このブログ原稿は4日夜の時点のものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

南淵明宏ブログ_顔87_87替

南淵明宏(なぶち・あきひろ)

1958年大阪生まれ。大崎病院東京ハートセンター(東京都品川区)のセンター長。心拍動下(オフポンプ)冠状動脈バイバス手術のスペシャリストとして年間200例以上を執刀する心臓外科医。

世相にメス 心臓外科医・南淵明宏ブログの一覧を見る

15件 のコメント

世も末・・・

佐藤

元大臣の発言。テレビの前で呆れて言葉にならず。あ~あ。がっかり。こういう人しか大臣に出来なかったのか!?大臣辞めても、生活に困らないしね。反省な...

元大臣の発言。テレビの前で呆れて言葉にならず。あ~あ。がっかり。
こういう人しか大臣に出来なかったのか!?大臣辞めても、生活に困らないしね。
反省なんかしていませんよ絶対。
今、私達に出来ること・・・
ちゃんとした人を議院にする!
消去法の選挙にしかならないから、こうなったのかな!?
きっと世界にも流れたであろうこの事実。実に恥ずかしい。

つづきを読む

違反報告

茶番劇

優美

 かつては、「末は博士か大臣か」と言われていたので、確かに知事より大臣の方が地位が高かったのでしょうね。(いまでも高いのかな?)東京都の知事だけ...

 かつては、「末は博士か大臣か」と言われていたので、確かに知事より大臣の方が地位が高かったのでしょうね。(いまでも高いのかな?)東京都の知事だけは、別格とも言われていますしね。
 でも、この報道を聞いたときには、笑っちゃいました。「バカだね、この大臣は」と思って。同じ暴言でも、ハマコーのように、自分より強い立場の人に言うのだったら反感を買わないのに。
 それにしても、総理大臣は、偉くて、威厳があって、実行力、統率力がないと困りますね。 
 政治家は、良い人だけではやっていけないので、態度を使い分けている人結構いますね。高級官僚のときに、偉そうにふんぞり返っていた人が、衆議院選挙に出て、にこやかに有権者と握手したり、へこへこ頭を下げているのをTVで見て仰天したことがあります。
 民主党で大丈夫かな、と心配だったけれど、やはり続々とボロが出てきました。日本の将来とても心配です。

つづきを読む

違反報告

ちょっとだけ擁護したいかも(その2)

流離のナナセ

すみません、どうも私も言葉が足りてなかったようです。どちらにしても、今の現役議員に品格を求めるのが不可能なのでしょうね。言葉を武器に戦う職業だと...

すみません、どうも私も言葉が足りてなかったようです。

どちらにしても、今の現役議員に品格を求めるのが不可能なのでしょうね。言葉を武器に戦う職業だと言う認識が薄い(無い?)のではとも思います。

ちなみに、目上の人と言う表現は軽率でした。
大臣が上で知事が下だと言う事ではなく、訪問者に対しての対応が礼を失していると思ったのです。さらに、大臣の方が年長者ではありませんか?さらにさらに、いくら県民から信任を受けた知事でも、行政組織からみれば、大臣より知事は下位ですよ、心情は別としても・・・

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

最新記事