文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

女優 高樹澪(たかきみお)さん 51

一病息災

[女優 高樹澪さん]片側顔面痙攣(5)手術の翌日「私は生き返った」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 手術の翌日、洗面所で鏡に映る姿と向き合った。10年もの間、苦しめられた痙攣(けいれん)は消え、元の自分の顔に戻っていた。

 「高樹澪は私の中で死んでいましたが、『生き返った』と思いました」

 手術後もしばらくは清掃のアルバイトなどを続けていた。しかし、女優の仕事への思いが徐々に募っていく。所属事務所のホームページをみると自分の写真と名前が残されていた。

 「自分の居場所がまだあるかもしれない」

 2008年10月、思い切って所属事務所に電話をかけた。一方的に連絡を絶ってから5年余り。非礼が許されるか不安だったが、社長は温かく迎えてくれた。

 その後、パーティーやイベントに顔を出し、復帰に向けた準備を進めた。

 09年末に出演したバラエティー番組で闘病の日々が明らかになると、1日300件程度だったブログの閲覧数は、年末年始は15万件に跳ね上がった。

 「大みそかは私の誕生日。本当にうれしいプレゼントだと感謝しました」

 空白はあったが今年で女優デビューから30年。仕事は焦らずにできることだけをやろうと心がけている。

 「私は生かされたのだと思います。これから女優として自分にしか演じられない役に挑戦したい」(文・野村昌玄、写真・岩波友紀)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

女優 高樹澪(たかきみお)さん 51

最新記事