文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

いきいき快適生活

介護・シニア

[認知症と向き合う](15)患者と呼ばない意識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 最近、「患者」という言葉を避ける医師が、認知症を診る医師の間で出始めています。

 病んだ部分に焦点を当てるだけでは駄目だと、診療の限界を感じ始めているからかもしれません。生活者として、病んでいるところも含め、「人」として全体を診よう、という意識の変化が感じられます。

 数年前、ある有名な海外の医学雑誌に、認知症の論文が載っていました。患者は、英語では「patient(ペイシェント)」と言いますが、その意味合いについて論じていました。そこには、patientは、人として不完全な部分があり、不名誉や恥辱を連想させる言葉とありました。

 その論文が発表されてからしばらくして、オーストラリアなどの認知症関係の論文から、patientという言葉が減りました。代わりに、人を意味する「person」という言葉が使われています。

 私自身、その論文を読んでから、「患者」という言葉を使いにくくなってきました。実は、1年以上にわたるこのコラムでも、患者という言葉は一度も使っていません。

 はたから見れば、大したことがないように思うかもしれません。しかし、医療者側の視点からみれば大きな変化です。ふだん何気なく使っている呼び名をやめるのは不便だし、ストレスもかかります。それでも、患者という言葉を使わない医師が増えてきているのです。

 ささいなことではありますが、認知機能の低下部分だけでなく、障害を抱えた「人」そのものを診ていきたい。そのためには、呼び名も「認知症患者」ではなく「認知症の人」と呼びたいと思います。こうしたことが、認知症医療の質的な向上につながっていけばと祈っています。(木之下徹、「こだまクリニック」院長)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

いきいき快適生活の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事