文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

損傷「見える」検査へ工夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
  MRIの特殊解析で異常と見られる画像が得られた増谷寿子さん  従来の画像検査ではわからない軽度外傷性脳損傷を、検査法の工夫で「見える」ようにしようとの試みが進められている。  通い慣れた病院に向かう途中、突然、道が分からなくなる。鍋を火にかけていることを忘れる。ささいなことで怒り出す――。大阪府の主婦、増谷寿子(ますたにひさこ)さん(36)は2004年1月、交通事故に遭って以来、こんな症状に悩…

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事