文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

時代の証言者・垣添忠生「がんと人生」【読者会員限定】

yomiDr.記事アーカイブ

(25)死別の痛み 時間が妙薬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 子供のいない40年にわたる結婚生活。その伴侶、人生の同志を失った悲しみは限りなく深いものです。妻の昭子の服や靴を見ると、涙が湧き出てしまう状態は、今も変わりません。  傷心を少しずつ癒やしてくれたのが時の流れです。  遺影の前で線香が1本燃えつきる15分間、話しかけるひと時が、いつの間にか、線香を半分に折った時間に短縮されました。  春の陽光を感じる4月、身内で開いた百日法要も心の回復に弾みをつ…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

時代の証言者・垣添忠生「がんと人生」【読者会員限定】の一覧を見る

最新記事