文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

時代の証言者・垣添忠生「がんと人生」【有料会員限定】

yomiDr.記事アーカイブ

(24)妻の死、想像超す絶望感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 2007年の大みそか夕刻、自宅で妻昭子をみとった時に話を戻します。  妻をわが家に戻す際、死を覚悟してあらかじめメモしていた葬儀社に連絡し、棺や骨つぼの打ち合わせをしました。正月三が日は火葬場が休みのため、4日の一番に予約しました。  生前、昭子は「私の葬儀はしないでちょうだいね」と、繰り返していました。なぜなら夫の社会的立場から、先に逝った妻の葬儀がひどく盛大になる例をいくつも見てきたからです…

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

時代の証言者・垣添忠生「がんと人生」【有料会員限定】の一覧を見る

最新記事