文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

時代の証言者・垣添忠生「がんと人生」【有料会員限定】

yomiDr.記事アーカイブ

(23)がん診療、最新拠点完成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 1976年に建設された国立がんセンターの旧病院は、老朽化で患者の療養環境が悪化、大型機器や情報技術の導入が困難になってきました。このため90年から新棟建設に向けた整備計画がスタートしました。  副院長だった私は国内外の医療施設を参考に現場の医師や看護師、薬剤師ら多職種の職員と議論して基本構想をまとめました。 《基本理念は〈1〉難治がんの診療技術の創造と普及〈2〉がんの予防・診断・治療を推進する情…

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

時代の証言者・垣添忠生「がんと人生」【有料会員限定】の一覧を見る

最新記事