文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

てんかんと運転(2)自己管理で悲劇防げる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
   2002年に道路交通法が改正され、てんかん患者でも「5年以上発作がない」などの基準(表)を満たせば、運転免許を取れるようになった。意識を失うなど、運転に支障がある発作が出た時点で、運転をとりやめなければならない。  神奈川県の30歳代の男性は、道交法の改正後、免許を取った。その時、自分なりの決まり事を作った。  夜更かしをしたら次の日は運転しない。薬を飲む前後1時間は、効果が切れるかもしれな…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事