文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

時代の証言者・垣添忠生「がんと人生」【有料会員限定】

yomiDr.記事アーカイブ

(21)渡辺主筆、手術を即決

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 症状が進んでいるのに泌尿器科の受診をためらう人が少なくありません。  25年ほど前ですが、とても印象に残る患者さんがいました。  仮にAさんとしましょう。30歳代前半の独身男性で、精巣がパンパンに腫れて、胯間がソフトボールほどの大きさになっています。さらに腎臓との間の後腹膜のリンパ節から左頸部の鎖骨付近にあるリンパ節までがんが転移していました。  転移した病巣があまりに大きいので、苦しくてあおむ…

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

時代の証言者・垣添忠生「がんと人生」【有料会員限定】の一覧を見る

最新記事