文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

すてきライフ

yomiDr.記事アーカイブ

ケニアで歌の力 実感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 ミュージシャンになりたくて、17歳の時、ギターを持って上京しました。東京には知り合いもほとんどなく、音楽の専門学校に入ったものの、夢をかなえられるのか、不安と孤独でいっぱいでした。そんな時、力をくれたのがMr.Childrenの「Everything(It’s you)」という曲でした。

 この年の冬に「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞し、俳優としてデビューしました。今は演技の仕事が中心ですが、いつか音楽の夢をかなえたいという思いがあり、曲を作っています。

 テレビの撮影で、ケニアのスラム街を訪れた際、施設の孤児たちが歌で歓迎してくれたんです。言葉が分からなくても、音楽で心を通わせることができました。現地の厳しい暮らしの中で、歌や踊りが生きる支えにもなっているんです。エンターテインメントの力を実感する経験でした。

 舞台「淋しいのはお前だけじゃない」では、大衆演劇の花形役者を演じます。稽古の間など、テレビに出ることが減ると、母が「仕事ないの?」なんて心配するんです。苦笑してしまうのですが、いつも気にかけてくれる親心がありがたいです。(聞き手・飯田祐子、写真・中山博敬)

 平岡祐太(ひらおか・ゆうた)さん 俳優。1984年生まれ。山口県出身。「淋しいのはお前だけじゃない」は、17日に東京で開幕、愛知、兵庫、新潟でも上演される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

すてきライフの一覧を見る

最新記事