文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

続・震災の現場から(4)「眼科バス」に患者集める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
  様々な検査機器がそろう眼科診療バスでは、多くの被災者の診療が行われた(宮城県女川町で)  宮城県女川町で避難所になっている女川町総合体育館に4月15日、全長12メートルの「眼科診療バス」が登場した。車内には眼圧や視野を測定する検査機器がそろい、一通りの診療ができる。米マイアミ大から無償で貸し出されたものだ。  そこに、複数の避難所から送迎バスで患者たちが運ばれてきた。避難生活を始めてから、目の…

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事