文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

時代の証言者・垣添忠生「がんと人生」【読者会員限定】

yomiDr.記事アーカイブ

(2)転移 悪性度高い疑い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 妻昭子の右肺のがんは、陽子線治療で消えましたが、それも長続きしませんでした。 半年後の2007年3月、右肺の入り口に当たる肺門部のリンパ節に転移が一つ出てきました。病巣は小さく、いったんは完全に消失したのに、こんなに早く転移が起きるとは……。 増殖の速さから悪性度の高い「小細胞がん」の疑いが極めて濃くなりました。《肺がんは扁平(へんぺい)上皮がん、腺がん、小細胞がん、大細胞がんの4種類に大別され…

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

時代の証言者・垣添忠生「がんと人生」【読者会員限定】の一覧を見る

最新記事