文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療部発

コラム

和田アキ子さんが克服した 「たばこ肺」 とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
 

 ヘビースモーカーとして知られていた、歌手の和田アキ子さんは、いつの間にか、禁煙をされていたのですね。私は知りませんでした。

 数年前まで、毎日2箱半ほど吸っていたそうですが、病院で検査を受けたら、「軽い肺気腫」と診断されたそうです。

 肺気腫とは、酸素や二酸化炭素を交換する組織「肺胞」が壊れてしまった状態のことです。肺気腫は、空気の通り道の細い部分の炎症(慢性気管支炎)も併発することが多いので、二つの状態をあわせて、「COPD(シーオーピーディー。慢性閉塞性肺疾患)」と呼びます。(医療大全にも記事があります。記事はこちら

 日本では530万人以上の患者がいると推定されますが、治療を受けているのは1割ほどに過ぎないそうです。主な症状は、すぐに息切れを起こしたり、せきやたんが続いたりすること。進行すると酸素吸入が必要になります。肺がん、心臓病などの危険性も高くなります。患者の9割以上で喫煙歴があることから、「たばこ肺」とも呼ばれています。

 和田さんも、ちょっとウオーキングしただけで、ぜいぜいすることがあったそうですが、年のせいかな、とやりすごしてきました。しかし、2008年、医師から「このまま、たばこを吸い続けると、歌うことができなくなる」と言われ、スパッとやめたそうです。

 その後は、息切れを起こすことがなくなるなど体調が良く、肌もきれいになったと言います。

 治療薬を発売している製薬会社から「COPD広報大使」の委嘱を受けた和田さんは、「自分の体験を話すことで一人でも多く、この病気を知って、検査・治療を受けてもらいたい。禁煙してから、たばこの誘惑に負けそうになったことがありますが、この仕事をいただいた以上、もう、隠れて吸う訳にはいきませんね」と話していました。

 声量豊かな彼女の歌声は日本の宝。ぜひ、禁煙を続けてほしいものです。これで、たばこを吸ったら、笑って許してもらえません。

【関連記事】和田さん、COPD広報大使に

 
 

 

坂上博 1998年1月から医療情報部。主な取材対象は、心臓病、肺がん、臓器移植、高齢者と薬の付き合い方など。趣味は、朝鮮半島情勢の観察、韓国語の習得。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療部発12最終300-300

読売新聞東京本社編集局 医療部

1997年に、医療分野を専門に取材する部署としてスタート。2013年4月に部の名称が「医療情報部」から「医療部」に変りました。長期連載「医療ルネサンス」の反響などについて、医療部の記者が交替で執筆します。

医療部発の一覧を見る

6件 のコメント

コメントを書く

老人2名肺気腫です。

最近トランプやっていない

「和田アキ子さんが克服した 「たばこ肺」 」 とのタイトルですが、「克服した」が気になってしまいました。 現在、身近な老人2名(小生の父と女房の...

「和田アキ子さんが克服した 「たばこ肺」 」
とのタイトルですが、「克服した」が気になってしまいました。
現在、身近な老人2名(小生の父と女房の父)が肺気腫です。
60歳にて禁煙した小生の父(現在93歳で健在です)と似たような年齢で禁煙した女房の父(現在83歳、健在です)。
喫煙習慣を克服し、禁煙に成功した ならわかるのですが。
肺気腫は進行を抑えることは出来ても、治癒は出来ないと聞いていたもので。
この2名の老人を見ていると禁煙は一刻でも早いほうが良いと思います。
幸い、小生は喫煙経験はありません。
ただ、副流煙による間接喫煙が気になり出しました。
分煙・禁煙が一般的で無かった昭和に青春期を過ごしたので・・・。

つづきを読む

違反報告

潰瘍と禁煙

マコヤン

18歳からタバコと付き合い出し、最低で1日1.5箱吸い続けて来ました。40歳くらいから十二指腸潰瘍ができる様になり半年薬と注射で治療を行い治癒。...

18歳からタバコと付き合い出し、最低で1日1.5箱吸い続けて来ました。40歳くらいから十二指腸潰瘍ができる様になり半年薬と注射で治療を行い治癒。
又、半年か一年で再発、これを何回繰り返したか、十二指腸は完全に変形して
レントゲンにも写りにくくなってしまった。定年の60歳を迎えるにあたり
老後の健康を考えた時、此処がタバコのやめどきと覚悟を決め12月31日の定年日に合わせて禁煙することにした。丁度その一週間前の23日が孫の誕生日でお祝いをして居る時、孫から「じいちゃん! タバコはまだやめないの?」と言われてなぜかハッとして、誕生祝いに今から禁煙するよと固い約束を交わした。このタイミングが良かった、以後14年経つが全く一口もタバコを口にすることなく禁煙継続中。
体調不良、定年、孫の誕生日この3つが背中を押してくれ禁煙成功と十二指腸潰瘍とも綺麗に腐れ縁を切ることができて居ます。

つづきを読む

違反報告

私も肺気腫

トトコ

昨年、肺気腫と診断受けて煙草を止めて5カ月近くに成ります。血液を気にしてのCT検査で頭と胸をやってもらいましたら、肺気腫の診断結果。たまたま禁煙...

昨年、肺気腫と診断受けて煙草を止めて5カ月近くに成ります。
血液を気にしてのCT検査で頭と胸をやってもらいましたら、肺気腫の診断結果。
たまたま禁煙の診察も出来る、個人病院で全く止める気なく、初めて禁煙の薬にチャレンジでした。
今は全く吸う事は無いですが、喫煙席に座っては副流煙を楽しんでます。
ただ、肺気腫の恐ろしさを聞いたりすると、恐ろしい未来が待ってるのかと落ち込む時有ります。
まだ軽いのでしょうね、日常には差し障りはないです。
楽しい人生も病気には勝てませんね。
楽しい人生を長く送るために、禁煙は続けます。
ヘビースモーカーの人は少し考えてみてね。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事