文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

いきいき快適生活

介護・シニア

[認知症と向き合う](13)服薬の意味を生むのは心

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 アルツハイマー型認知症の治療薬といえば、これまではアリセプト(成分名ドネぺジル塩酸塩)だけでした。それが、今年に入って、レミニール(ガランタミン)、メマリー(メマンチン)という飲み薬と、イクセロンパッチ(リバスチグミン)、リバスタッチパッチ(同)という貼り薬が正式に承認され、一部が発売されました。

 レミニール、イクセロン、リバスタッチは軽度及び中等度、メマリーは中等度及び高度、アリセプトは軽度から高度まで使われます。

 メマリーは脳への働きかけが他の薬剤とやや異なるので、海外では、併用して服用される場合もあるようです。

 選択肢が増えるのは喜ばしいことですが、薬ですので副作用には注意が必要です。服用時に普段と違い食欲がなくなった、ぐったりしている、かぶれるなどの症状があった時は速やかに医師に相談して下さい。

 留意していただきたいのは、これらの薬はいずれも認知機能(いわゆる知的な能力)の低下の進行を遅らせるもので、認知症を完全に治す薬ではないという点です。このことを言い換えると、これらの薬を飲むことは結果として、「認知症であるという状態を長くさせる」ことだとも言えます。

 この点について、私は次のように考えます。薬は飲む人のためにあります。もし認知症になると絶望しかない世の中であれば、その状態を長く保たせる薬は意味のないものになりかねません。裏返せば、薬に意味をもたらすものは、人々の心の中にあるといえます。

 認知症になってもいきいきと暮らせるような世の中が必要です。そうした世の中が実現したとき、薬はその効果を最大限に発揮できるのだと私は思っています。(木之下徹、「こだまクリニック」院長)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

いきいき快適生活の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事