文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

タレント グレート義太夫(ぎだゆう)さん 52

一病息災

[タレント グレート義太夫さん]糖尿病(5)予備軍さんに自戒を込めて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 糖尿病の進行で腎不全を起こし、人工透析生活に入って4年目。週3回、1回5時間の透析に通っている。

 通勤ラッシュの電車に揺られ、朝9時に東京都内のクリニックへ。午後2時に透析が終わるとぐったりと疲れる。毎回、血液検査や体重測定があるので、食生活の管理も手が抜けない。

 仕事に割ける時間は半減した。体力も落ち、以前のように思い切り打ち込むことはできなくなった。だが、音楽の才能を生かして、「たけし軍団」の先輩、ダンカンさんの劇の音楽を作ったり、漫談のネタを考えたりと、透析中も自分なりのペースを作り出し、新しい仕事に挑戦している。

 今、一番言いたいのは、糖尿病は怖い病気だということ。「治療にきちんと取り組んでいれば、人工透析も10年先、15年先になったかもしれない。仕事や食べ物でこんなに苦労するのも、もうちょっと後にできたかもしれないのです」

 一昨年5月には、糖尿病の発症から人工透析までの生活を、自戒を込めて描いた「糖尿だよ、おっ母さん!」(幻冬舎)を出版した。

 「何も自覚症状がないので、つい甘くなってしまった。全国の糖尿病予備軍の皆さん、まだ間に合います。どうか、僕みたいにならないように、少しだけ生活習慣を見直してください」(文・館林牧子、写真・栗原怜里)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

タレント グレート義太夫(ぎだゆう)さん 52

最新記事